猫用アトピカは猫のアトピー性皮膚炎や自己免疫疾患の症状を癒してくれる

猫用アトピカは液状の内服薬です

 

 

犬もそうですが、猫が罹る病気の約4割が皮膚病と言われています。猫がしきりに掻いていたり、脱毛・発疹が見られたり、気になる箇所を舐めていたりすると、皮膚に何らかの異常があることがわかりますが、皮膚病になる原因は様々です。

 

 

猫の皮膚病の多くはノミやダニなどの寄生虫や細菌やカビの感染によるものですが、感染症以外のものが原因で皮膚病になることもあります。感染症以外の皮膚病の原因は、紫外線、腫瘍、ホルモン異常、ストレス、アレルギーです。

 

 

アレルギーによる皮膚病にはノミアレルギー性皮膚炎、食物アレルギー性皮膚炎、接触性アレルギーなどがありますが、アトピカは非ノミ非食物性アレルギー性皮膚炎であるアトピー性皮膚炎や、自己免疫疾患による症状を改善させます。

 

アレルゲンに対して過剰に反応してしまう免疫系皮膚細胞の働きを抑制することで皮膚の赤みや痒みなどのアトピー性皮膚炎の症状を緩和しますが、アトピカは免疫抑制剤なので服用させることによって猫の免疫機能が損なわれる可能性もあるので注意が必要です。

 

 

猫用アトピカ内用液 17ml

猫用アトピカ内用液 5ml

メーカー

エランコ

Elanco

エランコ

Elanco

有効成分

シクロスポリン

Cyclosporine

シクロスポリン

Cyclosporine

成分濃度

100mg/ml

(1ml中100mg)

100mg/ml

(1ml中100mg)

1箱の値段

8,314円

3,773円

2箱の値段

15,811円

6,729円

3箱の値段

23,434円

9,810円

体重1kgに対する

    投与量

7mg

7mg

 

猫用アトピカの投与に関する注意事項

体重 1kgに対し有効成分 7mgを服用させること

定められた用法・用量を厳守してください。投与する際には猫の体重を量り、体重に合った量を附属のシリンジで計量してから服用させてください(製剤として0.07mL/kg)。

6ヶ月齢未満の猫には使用しない
食物によるアレルギーには使用しない
季節性のアトピー性皮膚炎には使用しない
アトピカ(Atopica)を投与中の生ワクチンは禁忌

不活化ワクチンは免疫応答が阻害される可能性があるため、慎重に投与してください。

4週間を経過しても改善が見られない場合は使用を中止すること

症状の改善は通常4週間から6週間で見られます。

 

参考 : 動物用医薬品シクロスポリン製剤 アトピカ内用液の添付文書

 

猫用アトピカ内用液 5ml

 

 

猫用アトピカは猫のアトピー性皮膚炎や自己免疫疾患の症状を癒してくれる

主成分 : シクロスポリン 100mg/ml

 

内容量 : 5ml

 

形状 : 内用液

 

価格 : 3,773円

 

 

 

猫用アトピカ内用液 17ml

 

 

猫用アトピカは猫のアトピー性皮膚炎や自己免疫疾患の症状を癒してくれる

主成分 : シクロスポリン 100mg/ml

 

内容量 : 17ml

 

形状 : 内用液

 

価格 :8,314 円

 

 

 

関連ページ

犬用アトピカ
犬の免疫抑制剤であるアトピカはノバルティス社の薬です。ネットで薬を買うのは不安に思うかもしれませんが、大丈夫ですよ。しかも犬用アトピカの正規品をどこよりも安く安全に購入することができますから。
アトピカの用法と用量
犬にアトピカを飲ませる時の用法と用量をしっかり守っていますか?アトピカはシクロスポリンを成分とする免疫抑制剤ですから、犬の体重1kgあたり5rを基準に飲ませてあげてくださいね。
アトピカの副作用
犬のアトピー性皮膚炎治療に使われているアトピカですが、残念なことに副作用も見られます。主なものは一過性の嘔吐や下痢などの胃腸障害です。シクロスポリンを成分とした免疫抑制剤なので、アトピカを与える対象とする犬が下記の記述に当てはまらないことが前提ですよ。