分離不安症の犬猫へのクロミカルムの投与量

クロミカルムの犬・猫への用法と用量

 

 

クロミカルムは犬や猫の行動療法の補助薬として投薬しますが、飲ませる時は決められた用法と用量を守ってくださいね。犬と猫では一日に飲ませるクロミカルムの回数や体重あたりに必要な成分(塩酸クロミプラミン)量が違ってきますので、下の表の通り、犬と猫それぞれの各個体の体重に合った適切な錠数のクロミカルムを与えてください。

 

 

クロミカルムを服用させる時に少量の食餌を一緒に与えると、副作用として見られる嘔吐を予防することができます。クロミカルムは2〜3か月間の投与が必要ですが、分離不安が改善されなくても3か月以上の投与はしてはいけません

 

 

投与を止める時は使用量を少しずつ減らしていくのが好ましいとされています。

 

体重1.25s以下および生後6か月未満の犬猫に投与してはいけません

 

クロミカルムを投与する際に注意すべきこととは?

 

犬への投与量

 

1日の総量が2〜4mg/kgとなるよう、1日2回、1回あたり体重 1kgにつき 1〜 2mg投与する。

 

犬の体重

クロミカルム錠 5r

クロミカルム錠 20r

1.25 kg 〜2.5 kg

1/2 錠

2.5 kg 〜 5.0 kg

1 錠

5.0 kg 〜10.0 kg

1/2 錠

10.0 kg 〜20.0 kg

1 錠

20.0 kg 〜 40.0 kg

2 錠

40.0 kg 〜 80.0 kg

4 錠

 

 

猫への投与量

 

1日1回体重 1kgにつき 0.3〜 1.0mg投与する。

 

猫の体重

クロミカルム錠 5r

3.0 kg 〜 6.0 kg

1/2 錠

6.0 kg 〜 12.0 kg

1 錠

 

 

クロミカルムでの改善例

クロミカルム(分離不安症の治療薬)を購入する

 

関連ページ

クロミカルム(犬の分離不安症の治療薬)の値段はいくら?
クロミカルムを購入するなら価格も格安の方がいいですよね。クロミカルムを使用した薬物療法では、犬と猫とでは必要とする主成分塩酸クロミプラミンの必要量が異なります。また、同じ動物種であっても体重によって投薬する量が違ってくるので、飼われているペットの種類や体重に応じたクロミカルムを選択してください。
犬や猫の分離不安症治療薬クロミカルムの効果・効能
分離不安症の犬は、飼い主がいない間の不安感もしくは飼い主から引き離された時に生じるストレスから、家具などを破壊したり、過剰なまでに吠えたり、ところかまわず排便・排尿をするなどの問題行動を起こします。「行動療法」と「薬物療法」の併用で、分離不安症症をより早く効果的に治療することが可能と言われています。
犬や猫に見られるクロミカルムの副作用
犬の分離不安症を改善・治療するクロミカルムですが、適切な量を飲ませても副作用が見られることがあります。クロミカルムの副作用には嘔吐や下痢などがありますが、これ以外にも投与する際に注意しておくべき点について知っておく必要があります。
クロミカルムで改善されたうちの子のこんな行動
留守中に悪さするうちの犬、神経過敏で他の猫に喧嘩を売る猫、分離不安でおかしな行動をとる犬、夜鳴きがひどいオス猫など、飼い犬飼い猫の問題行動に悩まされていた飼い主さんはたくさんいます。クロミカルムでこれらを改善させることができた例を紹介しますね。